fc2ブログ

CFの親、B/SとP/L(1) - 怠け者専用!マイペース個人経営ヒント集

CFの親、B/SとP/L(1)



”B/Sは会社の健康診断証明書”

長く続いたCF計算書の説明も前回終わりを告げました。
怠け者の皆様、お疲れ様でございました。

2回にわたり、CF計算書の生みの親たるB/SとP/LについてCF経営の観点より考察いたします。
今回はB/Sを見ていきます。(本当は1回に収めるつもりが・・・すみません)
あ、基本的な説明をB/Sとは貸借対照表、P/Lは損益計算書。以上!




無題4

財務分析の本などを読むとたくさんの比率が出てきますが、怠け者が見ても振り回されるだけです。B/Sは”一定時点での財政状態”を示すものです。要は財政状態がどうなっているか分ければ、比率の名前なんてどうでもよいわけですね。さて、実際の見方ですが、番号の順に見ていきます。


①.総額がいくらかチェックする
今現在いくらのお金を調達し、運用しているかを調べましょう。「この内どのくらいを~」という風に見ていきます。


②.調達割合を調べる
①の内、どのくらいを他人から借り、どのくらいを自分のカネでまかなっているかを見ましょう。稲盛さんの言葉を借りれば、”土俵の真ん中にいるか”を確認します。他人のカネは返さなければなりません。一番重要な視点になります。

ちなみに、利益は純資産の部(自分のカネ)に毎年蓄積されていきます。


③、④.流動・固定分類
資産・負債を1年以内にカネにできるもの、返さなければならないもの(流動資産、負債)とそうでないもの(固定資産、負債)に分解する。まずは、一年以内に資金ショートしないの?それをみましょう。たとえば1年以内に返す流動負債が流動資産を超えていれば、そのカネどうすんの?(流動比率)と思いませんか。

他にも、固定資産がカネを生むには数年かかります。そのカネを自分のカネで調達していれば安心ですね(固定比率)。それで足りなくても固定負債でまかなえれば何とかなりそうです。流動負債でも調達してたら・・・来年の返済どうしよう(固定長期適合比率)、となるわけです。

上記の図では、表現していませんが、B/Sの図を作る際に金額の大小を図の大きさで示すと便利!上の説明部分が見た目で分かるようになります。ぜひ試してください。


⑤.過年度と比較する
特に図には示していませんが、過年度と比較しどの項目が増減したのかをしっかりチェックしましょう。思った以上に在庫が多くないですか?借入は増えていませんか?キャッシュが厳しくなっていませんか?


そして次の段階へ・・・


このB/Sが結果だとすると、CFやP/Lは原因に値します。どうして今のような財政状態になったのか、現金等増減の原因をCF計算書が、利益の増減をP/Lが示します。


いかがでしたか?B/Sが簡単に理解できる気がしてきませんか?決算書はどれが優れているというわけでなく、それぞれ補完関係にあります。どういう風につながっているかをシンプルに理解しておきましょう。


次回は、B/Sの純資産に毎年たまる利益の中身を示すP/Lを見ていきます。




次回予告  9月1日(日)
 タイトル:CFの親、B/SとP/L②


興味を持っていただけたなら、feedlyより定期購読をお願いします。こちらの登録者数をモチベーションに頑張ります!下記リンクからご登録下さい。
follow us in feedly

また、下記のリンクやら拍手やらをポチっとしてくれると、やる気がでます!ご協力をお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ
にほんブログ村


経理・会計・税金 ブログランキングへ


関連記事

無料テキストをお届けしています!
→ テキスト一覧を見てみる



もうダメだと思ったときに


”一緒に悩ませてくれませんか?”
どうすればいいかわからない、けど指図もうけたくない!
という私と似た性格をお持ちの方、考えの整理お手伝いします。
下記ページをご覧下さい。
http://yaguna.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

”命絶つ前に・・・”
もう自分の居場所なんてこの世にないと思う方、
もし万が一いらっしゃればここを訪れたのも何かの縁、
下記ページをご覧下さい。
http://yaguna.blog.fc2.com/blog-entry-327.html

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 怠け者専用!マイペース個人経営ヒント集 All Rights Reserved.