fc2ブログ

投資効率化の手法(2)ー投資の評価と判断基準の設定 - 怠け者専用!マイペース個人経営ヒント集

投資効率化の手法(2)ー投資の評価と判断基準の設定




”投資の評価と判断基準の設定”


ご訪問頂き、ありがとうございます。簡単管理インストラクターを目指すにわか会計人のヤグナです。

さて、投資に関する記事もいくつか書いてきましたが、前回は投資回収額の計算方法を考えてみました。


今回は投資評価と投資の判断ができるようになって帰っていただければと思います。


目次
1.投資の評価方法
2.判断基準の設定
3.維持コストの負担






1.投資の評価方法


前回で計算した回収見込額と、投資額を比較することで評価をします。評価の方法については以前の記事でいくつか上げさせて頂きましたが、まず始めるなら回収期間法を使うと楽だしわかりやすいと思います。


回収期間法とは、「何年たてば投資額を回収できるか」を調べて、その年数で投資を判断する方法です。


毎年の回収見込額が計算できていれば簡単に計算できます。何年たたないと回収できない、という理解しやすい形で把握できる点も高評価できます。



何年で投資額を回収できるかで評価する






2.判断基準の設定


さて、投資の評価方法をご紹介したところで、具体的に「何年で回収できれば投資してもよいのか」を考えてみる必要があります。


正直な話、正解はないでしょう。もともと回収期間法の説明がされている書籍などをみても必ずプランAとプランBがあり、どちらを選択するかという条件での説明になっていて、投資そのものをすべきか否かというものを扱ってはいないのです。


そこで、私なりの答えをご紹介しておきましょう。投資の判断基準は、①「何年先のための投資なのか、それに対して回収期間の方が短い場合は投資する」と②「毎年の維持コストは余裕を持って負担できるか」の2点が満たされれば、その投資は実行すべきだと思います。


投資の判断には、余裕があるか?を絶対に考える






2.維持コストの負担


新しい投資を行うには、資源に余裕がなければなりません。
資源は資金はもちろんのこと、人的資源や時間という資源もあります。


投資を行ったとしてもそれをまわせる時間や人がいないとその投資をうまく生かすことができません。こういった目に見えない維持コストもちゃんと考えないといけないわけですね!最低限以下の質問にはYESが言えなければ投資は止めましょう。


(1)投資を管理する人を当てられるか?

(2)毎年の維持費は現状以下の状況になったとしても余裕を持って支払えますか?


上記2つの質問にYESといえないなら時期尚早




------------------------------------------------------------

下記のリンクやら拍手やらをポチっとしてくれると、やる気がでます!ご協力をお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ
にほんブログ村


経理・会計・税金 ブログランキングへ





関連記事

無料テキストをお届けしています!
→ テキスト一覧を見てみる



もうダメだと思ったときに


”一緒に悩ませてくれませんか?”
どうすればいいかわからない、けど指図もうけたくない!
という私と似た性格をお持ちの方、考えの整理お手伝いします。
下記ページをご覧下さい。
http://yaguna.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

”命絶つ前に・・・”
もう自分の居場所なんてこの世にないと思う方、
もし万が一いらっしゃればここを訪れたのも何かの縁、
下記ページをご覧下さい。
http://yaguna.blog.fc2.com/blog-entry-327.html

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://yaguna.blog.fc2.com/tb.php/233-a6e9c933

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 怠け者専用!マイペース個人経営ヒント集 All Rights Reserved.