fc2ブログ

引当金とは?定義と税金上の取り扱い - 怠け者専用!マイペース個人経営ヒント集

引当金とは?定義と税金上の取り扱い



”引当金とは?定義と税金上の取り扱い”


ご訪問頂き、ありがとうございます。
簡単管理インストラクターを目指すにわか会計人のヤグナです。


さて、今回の財務・税務カテゴリーでは、
引当金というものを紹介します。
引当金とは、どういうものなのか、
あと引当金の税金の扱いについても、
触れて行きたいと思います。


引当金は個人事業主と法人では、
税金上の扱いがだいぶ異なりますので。


目次
1.引当金とは?
2.引当金と税金



1.引当金とは?


○引当金の要件

引当金として計上するための4つの条件
1.将来の特定の費用または損失である
2.当期以前の出来事が原因
3.発生の可能性が高い
4.金額を合理的に見積ることができる


貸倒引当金、賞与引当金、退職給付引当金、
修繕引当金
などがこれに当たります。



○引当金とは

要件から、引当金とは
「まだ費用・損失にはなっていないが、
ほぼ確実に発生することがわかっていて、
その原因となる事象はすでに起こっているものについて、
費用・損失を先送りにしないよう設定するもの」

であるということができます。


2.引当金と税金


引当金の税務上の取り扱いはどうなっているのでしょうか?


○貸倒引当金と返品調整引当金は経費

それ以外の引当金は税務上は経費と認められません。
もちろん上限も決められているので、
計上時は確認をしましょう。
貸倒引当金が認められているだけましと思うしかない!


この貸倒引当金ですが、法人と個人事業主で、
扱いに大きな違いがあります。



○個人事業主の場合

一括評価による貸倒引当金は、
個人事業主では基本的に認められません。
例外として、青色申告している場合は
一括評価による貸倒引当金を経費として
認めることができます!

青色申告の大きな特典のひとつですね。


「一括評価による」という言葉が出ましたが、
債権のうち毎年何%かは貸倒れするものです。
これを見積もって一発で貸倒引当金を計算してしまう方法

のことを指しています。


逆に個別評価による貸倒引当金というのもあり、
それは個人事業主でも経費とすることができますが、
これは会社更生法などの適用が決まった先の債権など
にしか設定ができません。


つまり、こういうことです。
青色申告していれば、毎年普通に生じる貸倒れ損失に
ついても、前年のうちに費用にしておける。



ただし、引当金の設定とは
税務上お得とかそういう話ではなく、
あくまで先にリスクを評価しておけるというものです。


貸し倒れてからいきなり全部費用になったら
たまったもんじゃないないでしょう?
もうわかってるなら先に費用にしちゃおうよ!
それが引当金の本質ですね


-----------------------------------------

下記のリンクやら拍手やらをポチっとしてくれると、やる気がでます!ご協力をお願いします。

    



関連記事

無料テキストをお届けしています!
→ テキスト一覧を見てみる



もうダメだと思ったときに


”一緒に悩ませてくれませんか?”
どうすればいいかわからない、けど指図もうけたくない!
という私と似た性格をお持ちの方、考えの整理お手伝いします。
下記ページをご覧下さい。
http://yaguna.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

”命絶つ前に・・・”
もう自分の居場所なんてこの世にないと思う方、
もし万が一いらっしゃればここを訪れたのも何かの縁、
下記ページをご覧下さい。
http://yaguna.blog.fc2.com/blog-entry-327.html

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://yaguna.blog.fc2.com/tb.php/275-1086f4ad

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 怠け者専用!マイペース個人経営ヒント集 All Rights Reserved.